お悩み・症状, ダイエット

有機野菜は本当に大丈夫なのか?

健康を考えるなら女性は「オーガニック」や「有機野菜」などのキーワードに敏感なのではないでしょうか?

外食に行くにも「オーガニック野菜を使用した…」などと謳っているお店も近年では増えてきていますよね。

私もよく利用するのですが、一体「無農薬」「有機」「オーガニック」の違いってなんでしょうか?

気になったので調べてみました。

 

有機とオーガニックは同じ意味だそうですが、化学肥料や農薬をなるべく使わないという意味で、定義でいうと「有機」はJASが認定した有機野菜のみだそうです。有機野菜は全く農薬を使っていないわけではなく、認められた31種類の農薬は規定内だそうで、使っていても使っていなくても有機と表記されます。

ちなみに有機肥料は、牛や豚などの糞を利用したものです。

有機野菜と謳っている商品でも、JASが認定していないものは自己判断による有機、またはオーガニックだと謳っているものも多いので注意しなければなりません。

有機野菜や無農薬野菜でもう一つ注意しないといけないのが、野菜自体の生理現象として害虫から身を守るために毒が含まれていることも注意しないといけません。

だからこそ、アク抜きなどの下処理は必要なのですよ♩

有機・オーガニックと言われたものでも全く農薬や肥料を使っていないわけでもありませんので、「しっかり洗う」のをお忘れなく!

また無農薬、自然栽培などでも同じです。この場合は、虫がつきやすくなっているので目に見えにくいギョウ虫なんかも付着している場合があるので、しっかり洗うことをお勧めします。

私はいつも50度消毒をしています。50度のお湯で野菜を洗うことです。これは農家の方に教えてもらってからやっています。

美味しく安全に食べるために、水洗いでしっかり洗ってから、消毒のために50度のお湯にさっと晒すと良いですよ♩

美味しく食べて健康になりましょうね!

お問い合わせやご質問などもお待ちしています!!

 

Halu