妊娠すると体の変化を感じる方がほとんどだと思います。お腹に命が宿り成長とともにいろんなことが変わってきますよね。

お腹のふくらみが大きくなることで内臓の位置や骨格や筋肉までも変わってしまうため不具合を感じてしまうのはある意味仕方がありません。

しかし、長年ハシュリでヨガをされている方を見ていますと、妊娠されて初めは体調を壊されることはあっても、安定期から臨月に入るまで「全く異常ありません!元気です」とピンピンされておりました。

姿勢も良く、歩き方もマタニティー特有の足が開いた歩き方ではなく、普通に歩いていらっしゃいました。

マタニティヨガのレッスンでは、

  • 数種類の呼吸法をして横隔膜の働きを活性化
  • 腸腰筋を緩め、強化する

この二つを特に重視しています。

もちろん全体のバランスを整えながらですが、この二つを重要視することで、妊娠中の不具合を緩和したり、いざ出産となった時に分娩がスムーズになります。

 

横隔膜の働き


呼吸をする時に大切な役割を果たす横隔膜。深い呼吸の時に大きく働きます。

呼吸だけでなく姿勢制御・体幹の安定性にも関与しているのです。骨盤底筋は内臓を下から支える役割を担っており、(マタニティや産後で意識するのはもう当たり前になってきていますよね。)横隔膜から骨盤底筋は連動して動いているため、上下から圧をかけることで腹腔内圧の安定性につながります。そうすると、脊柱・体幹が安定し良い姿勢が保て、肩こりや腰痛の緩和や防止にもつながり、腹圧をしっかりかけられることで”いきみ”が上手にできるので、産みやすさを感じるでしょう。

 

腸腰筋


腸腰筋は、大腰筋と腸骨筋(腰骨筋)の総称です。妊娠すると反り腰になってしまい腰痛になる方が多くマッサージに行きたいけど行けない…なんてこともあると思います。大腰筋を緩めることでそれは解消できます。先ほど書いた「横隔膜」とも連結がある筋肉ですので横隔膜が固まっていると大腰筋も固まってることが多く見られます。

この腸腰筋を緩めることで、股関節や腰の違和感やお腹のはりを緩和することも可能です。

マッサージが安易に受けられない妊娠中のヨガは、毎日の生活を快適にしてくれるだけでなく、出産本番も役立つ術がたくさん含まれていますので、安定期に入ったら必ず取り入れていただきたいと強く思います。

特に高齢出産に臨む方や不妊治療をしていた方には取り入れていただきたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マタニティヨガ 

少人数レッスン 水曜日10:30~11:30(限定4名)

個人レッスン 随時 60分体験2回8000yen

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

完全予約制のためお早めにご連絡ください。