赤ちゃんがお腹の中にやってくると、いつもより体がうまく動かせ無かったりして、どうしていいかわからずそのまま過ごすと「しんどい…」とおっしゃっている方が多く、痛みに耐えながら10か月間、そして産後も違和感を持ったまま子育てに追われている方もいらっしゃいます。

10か月間体を動かさずにるとさすがに筋肉も落ち、お腹が大きくなるにつれ姿勢が崩れ、腰痛などの痛みに見舞われます。

そこで、ゆっくりなヨガで体の調整と筋力アップをすると楽に10か月を過ごすことができます♩もちろん妊娠する前からやっておくのが一番効果的です。

 

妊娠したら腸腰筋に意識を向けるとマタニティー中の悩みを解決することができます。

腸腰筋が良い状態(緩められる)だと…

初期ー腹部の血流が増え、胎児の発育に良い

中期ー腹部にスペースができお腹の張りもなく逆子防止できる。

後期ー陣痛発来を助けます。

腸腰筋は、腰椎、骨盤、股関節をつなぐ筋肉(インナーマッスル)なので、姿勢を保ちやすくします。そこが緩んでいると腰痛や肩こりも緩みやすくなりますので働くマタニティーには必ずやっていただきたい!

自分を大事にすることは赤ちゃんを大事にすることにもなります。目の前のことに追われてしまって、自分のケアができないという方もいらしゃると思いますが思い切って時間を作ってメンテナンスしてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*働くプレママには、水曜日19時半〜のヨガで極上リラックスタイムを♩(体が硬い方や心も体も緩めたい方にオススメです)

*産後のケアは火曜日13時〜ベビーと一緒にどうぞ♩

*妊活の方には木曜日19時〜へ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・